体温の基礎知識



私たち人間には、置かれた環境やその時々の体調に合わせて体温を調節する仕組みが備わっています。その時々の状況に合わせて体温を調節することで、元気に活動することが出来ます。

人間の体温が37℃前後で保たれているのは何故?

人間の平熱には個人差があり、その時々で平熱は変動しますが、1日のうちの体温変化は1℃以内に収まるのが一般的です。健康な状態であれば、人間の体温は37℃前後に保たれています。これは、人間が恒温動物であることが関係しています。人間をはじめとした哺乳類や鳥類は、外界の温度に関わらず体温を一定範囲内に維持する恒温動物です。

これに対して、爬虫類や魚類、両生類は、外界の温度の影響を強く受け体温が大きく変動することから、変温動物と呼ばれます。人間は、日頃から体温を一定範囲内に保つことで活発な活動を可能にする恒温動物であるため、基本的に体温は37℃前後で保たれています。

子どもと高齢者で平熱に差が出やすい理由

子どもと高齢者で平熱に差が出やすい理由

平熱には個人差があり、35℃に近い人もいれば37℃に近い人もいます。特に子どもとお年寄りでは、平熱に大きな差が現れやすいと言われています。

乳幼児は熱生産が活発であり、体温調節機能が十分に発達していないため、熱放散が上手に行えません。そのため発熱しやすい傾向にあります。また、歳を重ねると熱生産が弱まることに加え、体温調節機能も低下してくるため、高齢者は平熱が低くなる傾向にあります。

体温の変動について

体温の変動について

風邪などの病気にかかっていなくても、人間の体温は変動します。体温の変動には様々な要素が絡んでおり、運動や睡眠、食事、気温、時間帯、感情の変化などは体温の変動に関わります。人間には、朝、昼、夜という1日単位で体温の変動にリズムがあります。この体温の変動リズムは概日リズムと呼ばれ、早朝が最も低く徐々に上昇し、夕方に最も高くなります。

女性の性周期も体温の変動に大きく関わるため、基礎体温の変動は女性が注目すべきポイントです。基礎体温の変動を毎日測定し記録することで、どのような変動リズムなのかが分かります。そのリズムを知ることは、生理の時期、排卵の有無、妊娠しやすい時期などの把握に繋がります。妊活中の女性はもちろん、体の状態を把握し健康管理を行う上でも、女性が自らの基礎体温のリズムを知ることは大きな意味があるのです。

基礎体温を把握する上で欠かせないのが婦人体温計です。ただ、毎朝決まった時間に起きてトイレにも行けず、婦人体温計を口の中に入れじっとしている。そんな毎日の習慣に疲れることも珍しくありません。

基礎体温を測るというストレスから女性を解放するために開発されたのが、衣類内温度計Ran's Nightです。当店では、就寝中に基礎体温を自動計測出来るRan's Nightの通販を行っています。通販なので、近くに販売店がないという方も気軽にお買い求めいただけます。通販で取り扱っているRan's Nightについてはサイトで紹介していますので詳細をご確認ください。


婦人体温計・基礎体温計とは違う衣服内温度計の通販【Ran's Night shop】概要

サイト名 Ran's Night shop
所在地 〒386-1211 長野県上田市下之郷813-15
電話番号 0268-39-8921
FAX 0268-37-1510
メールアドレス with-you@anet21.co.jp
URL https://www.anet21.co.jp/ransnight/
説明 婦人体温計・基礎体温計とは異なる衣服内温度計の通販
会社名 株式会社エイネット
日本
都道府県 長野県
市区町村 上田市

コンテンツ

正しい基礎体温の測り方
日本における基礎体温の歴史
エストロゲンの分泌量について
低温期と高温期のパターン
経血量について

ストレスチェックとしての基礎体温表
体温の基礎知識
基礎体温が下がるインプランテーションとは?
低温期と高温期の過ごし方
妊活のための準備


Copyright(c) 2008- ANET Corporation. All Rights Reserved.