基礎体温が下がるインプランテーションとは?



妊活中の方が気になる現象の1つに、インプランテーションディップがあります。言葉は聞いたことはあるけど、実際にどういった現象なのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、こちらではインプランテーションディップについてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

妊婦

インプランテーションディップとは

排卵期と低温期を終えた高温期の途中(7~10日頃)で、一時的に基礎体温が低下する現象のことを「インプランテーションディップ」といいます。このような時期に基礎体温が下がるのは着床が起こったタイミングだとされており、既に認知されているアメリカでは妊娠傾向の1つだと考えられています。しかし、まだまだ認知度が低い日本では、インプランテーションディップは一般的に黄体ホルモンの分泌が安定していないからだと考えられています。この現象の原因はまだ解明されておらず、必ずしも妊婦の方にこの現象が起こるとは限りません。

基礎体温の低下日数に注目

インプランテーションディップであるかどうかチェックするには、基礎体温の低下日数に注目します。インプランテーションディップによる基礎体温の低下は、一般的に約1~2日間とされています。しかし、基礎体温の低下日数が3日を超えるようなら低温期に入ったと考えられます。さらに、高温期の日数が10日を切るようであれば、黄体機能不全を疑う必要があります。

基礎体温表をチェックする際は、基礎体温の低下日数と高温期の日も必ずチェックすることが大切です。

計測の間違えによる基礎体温の低下

急な基礎体温の低下の原因は、インプランテーションディップによるものだけではありません。計測方法の間違えによって基礎体温が低下している場合もあります。基礎体温を測る際には、舌の裏側に位置する舌小帯の左右どちらかにしっかりと婦人体温計をあてることが大切です。

婦人体温計を上手く使いこなせないという方がいらっしゃいましたら、衣服内温度計の使用をおすすめします。

当店では、衣服内温度計Ran's Nightを通販にて提供しています。婦人体温計とは全く異なるRan's Nightは、夜につけて眠るだけで女性リズムを自動測定します。女性のセルフケアサイトであるRan's Storyに対応しており、睡眠時の温度変化はもちろん、低温期から高温期へと移行する身体のリズムのキャッチも、長期的なグラフで確認することが出来ます。Ran’s Night Self は5色のカラーバリエーションの中からお好きな色をお選びいただけますので、お求めの方はぜひ当店の通販をご利用ください。


婦人体温計・基礎体温計とは違う衣服内温度計の通販【Ran's Night shop】概要

サイト名 Ran's Night shop
所在地 〒386-1211 長野県上田市下之郷813-15
電話番号 0268-39-8921
FAX 0268-37-1510
メールアドレス with-you@anet21.co.jp
URL https://www.anet21.co.jp/ransnight/
説明 婦人体温計・基礎体温計とは異なる衣服内温度計の通販
会社名 株式会社エイネット
日本
都道府県 長野県
市区町村 上田市

コンテンツ

正しい基礎体温の測り方
日本における基礎体温の歴史
エストロゲンの分泌量について
低温期と高温期のパターン
経血量について

ストレスチェックとしての基礎体温表
体温の基礎知識
基礎体温が下がるインプランテーションとは?
低温期と高温期の過ごし方
妊活のための準備


Copyright(c) 2008- ANET Corporation. All Rights Reserved.